集団塾に通う

娘が中学受験で塾に通っていた頃には、成績が大きく上がる時期もありましたが、勉強を続けていても全く良くならない時期もありました。

得意な教科であれば、勉強をすればするほど自信を付ける事が出来るようになり、実際に模擬試験での点数も上がりました。しかし、不得意な科目で応用問題が出題された場合には、成績はクラスでも最低のレベルとなってしまう時期があったのです。

こうした不得意科目の成績の低迷を打開したきっかけは、基礎力を付けるという作業でした。難しい問題を解くためには、基礎の部分に時間をかけて取り組む必要があるという事を聞いたのです。

そして、基礎の部分をもう一度固めなおす事によって、より高度な問題も解けるようになったという思い出があります。

成績が低迷してしまった時に試したい方法としては、難しい受験問題を解き続けるといった事ではなく、あえて簡単な受験問題を解く事によって、基礎力が足りていない場所をしっかりと把握するといった方法です。

そして、段々と問題や授業の内容をレベルアップする事によって、苦手科目の成績低迷から脱出する事が出来たという中学受験での思い出となりました。今まで苦手だった科目が得意になると、とても楽しそうに勉強に取り組むようになります。