中学受験と桜

中学受験の思い出

娘の中学受験を今、振り返ってみると彼女は本当に頑張っていたと思います。一番最初の娘の成績はかなり絶望的なもので、とても中学受験ができるような成績ではありませんでした。

ですが、娘が中学受験をしたいと言い出したこともあって、中学受験合格を目指すことにしました。

娘が中学受験に興味を持ち始めたのは、小3の頃でした。

友だちの勧めで「全国統一小学生テスト」を受けることになり、塾にも行かせて無いので私としては不安でしたが、本人はテストという新しい環境を楽しんでいたようです。テストを終え、「◯◯ちゃんと一緒に四谷大塚に行く。」と娘が自分から言い出した事を思い出します。

四谷大塚に通い始めた当初は、テキストの「予習シリーズ」の問題を解くだけでも四苦八苦し、副教材の演習問題集まで手が回らない事も多かったです。でも、友だちや先生に励まされ次第に自分なりのペースを見つけたみたいです。

小学5年生になると、私でも解けないような中学受験問題が解けるようになり、「お母さん、この問題解いてみてよ。」と自信満々に算数の問題を見せてきました。国語でもことわざをたくさん覚えたりと、娘の成長の早さに一番驚いた時期でもありました。

6年生になると、受験生としての自覚も出てきたようで、私の知らないうちに友だちと勉強会をしていて、ビックリしました。

私が中学受験を体験していないので、「小学生のころから受験勉強なんて。」と思っていましたが、中学受験を通して勉強以外でもたくましく成長してくれたことを嬉しく思います。

受験対策としてまずしたことが塾に通わせることでした。四谷大塚という塾に通わせることにしました。塾に通わせてから娘は勉強を本当に真面目に取り組むようになりました。いつもなら学校から帰ってくるとすぐに遊びに出掛けていましたが、遊びに行く前に必ず勉強していましたし、遊びから帰ってきてからも必ず勉強するようになっていました。

ここまで娘を変えたのは、やはり塾の存在が大きかったと思います。塾で娘にはどのような勉強方法が合っているのかを教えてくれて、その通りに実践した結果、娘はどんどん成績も上がっていきました。

中学受験本番は、さすがに緊張していた様子でしたが、今まで勉強してきたことを全て出し切ればきっと大丈夫だと信じていました。そして、見事に合格することができました。

娘がこうして受験に合格できたのも塾のおかげですし、娘の頑張りがあったからだと思います。
参考サイト